運動生理学上の有効性を模索

 

弊社は、デバイスの開発にあたり一般社団法人 日本健康予防医学会をはじめとする研究機間に研究委託を通じ、大学の研究室で測定実験などエビデンスの構築に必要な研究データを基に、先進的な優れたデバイス及びソフトウエアー開発に取り組んでいます。また、高齢化社会が加速するなか自治体なども医療費削減を掲げており、地域での予防医療のニーズも益々高まってきました。弊社は、運動療法に取り組む地域のクリニックとも連携して、デバイスの臨床応用の有効性も模索しています。

カラダ作りと栄養バランス

WHOが提唱する「予防こそ最高の医療」に取り組むことは、栄養バランスとバランスのよい健康な身体作りが最も重要で予防医療の大きな柱です。高齢者のサルコペニア症候群(*注1)などの対策にも有効性が示されています。バランスに意識を向けることは、最もシンプルで素敵な人生を送る架け橋になることでしょう。